全て自動付帯!海外旅行保険付きクレジットカードおすすめ5選!

海外旅行に行くなら、ぜひ持っておきたいのが「旅行保険付きカード」です。保険付きカードがあれば、外国で万一トラブルが発生した際も安心。必要な補償を受けられます。

そこで今回は、海外旅行傷害保険が付いたクレジットカードを徹底比較。数あるカードの中から、とくに補償内容が手厚いカードを紹介しています。

さらに付帯保険の基礎知識も解説しています。外国に持っていくカードを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも海外旅行保険とは?

海外旅行保険とは、外国への旅行中に起こったアクシデントによって発生した経済的な負担をカバールする保険のことです。

外国は日本国内と環境が異なります。気温や食べ物など環境の変化によって体調を崩したり、貴重品を盗まれてしまったり、トラブルに巻き込まれる可能性は十分あります。

また、外国では基本的に日本の国民保険を使えません。そのため治療費は高額になってしまうケースも多々あります。そうした旅先でのトラブルの際、旅行保険では以下の内容が補償されます。

主な項目 補償内容
傷害死亡 事故や病気が原因で死亡、または後遺障害が残った場合に補償される
傷害・疾病治療費用 海外で病気・ケガで病院で治療を受けた場合に補償される。
救援者費用 一定期間以上入院した場合などに身内の人が救援にかけつける際の費用が補償される。
賠償責任補償 他人に怪我を負わせてしまったり、モノを壊すなどして損害賠償責任を負ってしまった場合に補償される。
携行品損害補償 航空券の盗難やスーツケース やデジカメの破損など、旅行中に持っているモノが事故により損害を受けた場合に補償される。

旅行保険は、上記のよう外国で起こりえる幅広いアクシデントをカバーしてくれるものです。旅行を心から満喫するためにも、出国する際は必ず加入しておきましょう。

クレジットカードの海外旅行保険は2種類ある

クレジットカードの中には旅行保険が付帯したものがあります。保険付きのカードを持っておけば、必要な補償が受けられて安心です。

クレジットカードに付帯する保険には2つの種類が存在します。自動付帯利用付帯です。それぞれ保険が適用される条件が異なるので、両者の違いを知っておくことが大切です。

ここでは、クレジットカードに付いている保険の種類について解説します。補償を受ける上で重要な知識ですので、よく確認してみてください。

利用付帯

利用付帯は、海外渡航に必要な交通費などをクレジットカードで支払った時点から適用される保険です。補償を受けるには、各カード会社が指定する支払い条件を満たしている必要があります。

利用付帯のカードは、カードで支払った時点から90日間保険が有効になるのが一般的です。カードを持っているだけでは保険が適用となりません。利用付帯のカードを使う際は十分注意しましょう。

自動付帯

自動付帯とは、日本を出国した時点で自動的に適用される保険のことです。自動付帯は利用付帯と異なり、カードを外国に持っていくだけで保険が適用されます。保険が適用される期間は、日本出国から90日間が基本です。

おすすめは自動付帯のカードを持っていくことです。利用付帯は保険が適用されるための条件が複雑なため、カードの使い方次第では補償を受けられない可能性があります。

その点、自動付帯であれば持っているだけで保険が適用され安心です。この記事では、旅行保険が自動付帯のおすすめカードも紹介しています。そちらもぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードを複数枚併用
海外旅行保険は上乗せできる

クレジットカードに付帯する旅行保険は上乗せできます。例えば、「200万円の旅行保険が付いたカード」と「300万円の旅行保険が付いたカード」2枚持っていれば、合算して500万円の補償が受けられます。

補償金
カードA 300万円
カードB 200万円
合計 500万円

もし旅行保険付きクレジットカードを複数枚持っておけば、各カードを合算した額が保険として適用されます。カードの組み合わせ次第では、普通に旅行保険に加入するよりお得になるケースも少なくありません。

保険目的でカードを持っていく際は、上乗せできる仕組みを有効活用しましょう。外国での医療費は高額になる場合も多く、カード1枚の補償だけでは足りないことも考えられます。

できれば保険付帯のクレジットカードは複数枚併用。上乗せ合算して使うのがおすすめです。

海外旅行保険付きクレジットカード
上手な選び方・使い方

ここからは、より具体的に旅行保険付きカードの選び方・使い方を紹介します。これからカードの発行を考えている方は、ぜひ目を通してみてください。

最高補償額より各治療費の最大額を重視する

保険付きカードを選ぶ際は、最高補償額より保険の内容に注目しましょう。多くのクレジットカードでは「最高2000万円」など、最高補償額のみ表記されています。

しかし、最高補償額は死亡時に適用されるケースが多く、ケガや病気で最高補償額が全額支払われるケースはほとんどありません。

そこで注目したいのが「傷害治療費」「疾病治療費用」の金額です。傷害治療費・疾病治療費が手厚い旅行保険を選べば、病気や怪我の際にしっかり補償が受けられます。

次いで確認したいのが「携行品損害」の金額です。海外ではモノが破損したり盗難にあったりすることも頻繁に起こります。

旅行保険付きクレジットカードを調べると、ついつい最高補償額に目がいきがちです。しかし、実際のところ最高補償額より「傷害治療費」「疾病治療費用」「携行品損害」3つが大切です。

カードを選ぶ際は、ぜひ各治療費の最大額を比較してみてください。

自動付帯クレカを複数枚持っておく

保険が自動付帯したクレジットカードなら、カード利用がなくても保険が適用されて安心です。おすすめは、メインカードとは別に自動付帯クレカを複数枚持っておくことです。

前述した通り、クレジットカードの旅行保険は合算できます。複数枚持っていれば、重要な傷害・疾病補償の金額を上乗せできます。旅行保険付きクレジットカードは、最低でも2枚は持っておくのがベターです。

海外旅行保険が自動付帯
おすすめクレジットカード5選

1エポスカード

エポスカード 5つの特徴

  • 年会費永年無料
  • 疾病・傷害補償が手厚い
  • 世界に加盟店が多いVISAブランド
  • 全国1万店舗以上の優待特典あり
  • 最短即日発行可能

エポスカードは、年会費永年無料のクレジットカードです。エポスカード 最大の特徴は「疾病治療費」「傷害治療費」が手厚いことです。

疾病治療費は最大270万円。傷害治療費は最大200万円を補償します。どちらも自動付帯です。年会費無料にもかかわらず破格の補償内容となっているので、海外旅行保険付きクレジットカード最初の1枚におすすめです。

年会費 無料 ブランド VISA
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 賠償責任補償 2,000万円
携行品損害 20万円 救援者費用 100万円
疾病治療費 270万円 傷害治療費 200万円

エポスカード のキャンペーン情報

2Booking.comカード

Booking.comカード5つの特徴

  • 疾病・傷害補償が100万円
  • ホテル宿泊予約5%OFF
  • ポイントは自動キャッシュバック
  • 163ヶ国800のレンタカー会社が8%OFF
  • 最短3営業日発行

Booking.comカードは、自動キャッシュバック機能が特徴的なクレジットカードです。カード利用額の1%が自動還元。直接口座に入金されます。

Booking.comカードには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯。年会費無料ながら傷害・疾病治療費はともに100万と充実しています。

さらに、ホテル予約サイトBooking.comで宿泊予約すると5%OFF。世界各国の提携レンタカーが8%OFFなど、旅行好きにうれしい特典が目白押しです。

年会費 無料 ブランド VISA
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
(自動付帯:300万円)
賠償責任補償 2,500万円
携行品損害 20万円 救援者費用 150万円
疾病治療費 100万円 傷害治療費 100万円

Booking.comカードのキャンペーン情報

3横浜インビテーションカード

横浜インビテーションカード5つの特徴

  • 年会費永年無料
  • 家族カード年会費無料
  • 17万件以上の施設で優待あり
  • 疾病治療費・傷害治療費ともに200万円を補償
  • 最高100万円のショッピング保険付帯

横浜インビテーションカードは、ジャックスが発行する年会費無料カードです。疾病治療費・傷害治療費は各200万円ずつ補償。携行品損害も20万円を補償と、手厚い保険が自動付帯しています。

さらに、カードには全国17万件以上の施設で優待が受けられるJ’s コンシェルが付帯。国内海外パッケージツアーが5〜12%OFFになったり、カラオケ料金が20%OFFになったります。

年会費 無料 ブランド Mastercard
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 賠償責任補償 2,000万円
携行品損害 20万円 救援者費用 200万円
疾病治療費 200万円 傷害治療費 200万円

横浜インビテーションカードのキャンペーン情報

4楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード5つの特徴

  • 疾病治療費・傷害治療費ともに300万円の高額補償
  • 4つの国際ブランドから選択可能
  • プライオリティパス 付帯
  • 手荷物無料宅配サービス付帯
  • 楽天市場でポイント5倍

楽天プレミアムカードは、海外旅行好きならぜひ持っておきたい1枚です。死亡・後遺障害に対する最高5,000万円の補償に加え、傷害治療費・疾病治療費がそれぞれ300万円自動付帯しています。

各国の空港ラウンジを自由に使える「プライオリティパス 」も魅力のひとつ。VIPラウンジが無制限に使えるプレステージ 会員権が無料で付帯するため、通常のラウンジより快適に過ごせます。

さらに家族で旅行おするなど、荷物が多くなる場合は空港までの手荷物無料配送サービスも便利です。海外旅行を心から楽しむための付帯サービスが充実しています。

年会費 11,000円 ブランド Mastercard
VISA
JCB
AMEX
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
(自動付帯:4,000万円)
賠償責任補償 3,000万円
携行品損害 50万円
(自動付帯:30万円)
救援者費用 200万円
疾病治療費 300万円 傷害治療費 300万円

楽天プレミアムカードのキャンペーン情報

  • 新規入会&1回利用で5000ポイントプレゼント(終了未定)

5SPGアメックスカード

SPGアメックスカード 5つの特徴

  • 手厚い海外旅行保険が自動付帯
  • 航空便遅延補償あり
  • 毎年高級ホテルの無料宿泊特典をプレゼント
  • マイル還元率1.25%
  • 入会後3ヵ月以内に10万円以上利用で30,000ポイント

SPGアメックスカードは、ワンランク上の旅行を楽しみたい上級者向けカードです。海外旅行保険は最高1億円を補償。「疾病・傷害治療300万円」「携行品損害50万円」など、内容は申し分ありません。

年会費は3万円超えと高額なものの、毎年のカード継続時に高級ホテルの無料宿泊特典がプレゼントされます。一泊5万円を超えるホテルも多く、それだけで年会費の元が取れます。

さらに、カード利用で貯まったポイントは40社以上の提携航空会社マイルに移行可能。マイル還元率は最大1.25%です。海外旅行に年数回以上行く方であれば、持っておいて損のない1枚でしょう。

年会費 34,100円 ブランド AMEX
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
(自動付帯:5,000万円)
賠償責任補償 4,000万円
携行品損害 50万円 救援者費用 400万円
(自動付帯:300万円)
疾病治療費 300万円
(自動付帯:200万円)
傷害治療費 300万円
(自動付帯:200万円)

SPGアメックスカード のキャンペーン情報

  • 入会後3ヵ月以内に10万円以上利用で30,000ポイントプレゼント(常時開催)

【まとめ】
海外旅行保険付きカードを持って出かけよう

ここまで、おすすすめの海外旅行保険付きクレジットカードを紹介してきました。クレジットカードの旅行保険は合算できます。

海外での医療費は高額になるケースが多いため、複数枚併用すると安心です。自動付帯のカードを選べば面倒な手続きなく、保険が適用されます。カードを比較する際は、とくに傷害疾病治療費に注目しましょう。

ぜひこの記事の内容を参考に、海外旅行保険が自動付帯のカードを発行し、思いっきり海外を満喫してくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事