ライフカードの審査は甘い?口コミ評判や特徴・解約方法など解説

ライフカードは、ライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。現在、親会社は大手消費者金融のアイフルとなっています。

クレジットカードの中でも、学生専用などさまざまな種類のカードを発行しているライフカード。今回は、そんなライフカードについてや審査口コミなどを詳しく説明していきます。

ライフカードは年会費無料?基本情報を紹介

ライフカード5つの特徴

  • Web申し込みなら最短3営業日でカード発行
  • 年間利用累計額ごとに1~2倍ポイントが貯まるポイントサービス
  • 誕生日月にはポイントの還元率が3倍
  • 入会後1年間はポイントの還元率が1.5倍
  • L-Mall経由のネットショッピングでポイントの還元率が最大25倍

ライフカードは、年会費・家族カード・ETCカードが永年無料です。カードの維持費がかからないにも関わらず、さまざまな特典を受けることができます。

入会後は1年間1.5倍のポイントが貰えるため、ポイントを貯めたい方にもおすすめです。

また、L-Mall経由でネットショッピングをすると、高い還元率でポイントを貯められるので、普段ネットショッピングを利用する機会が多い方もお得に利用できます。

年会費 無料 旅行保険 国内・海外旅行保険
還元率 0.5% 電子マネー iD
ブランド MasterCard
JCB
Visa
申込条件 18歳以上

特徴1:Web申し込みなら最短3営業日でカード発行

ライフカードは、申し込みから発行までのスピードが早いため、すぐにクレジットカードが欲しい方におすすめです。インターネット申し込みなら、最短3営業日でカードが発行されます。

また、ライフカードの申し込みは面倒な書類の記入も不要で、インターネット上で全ての申し込みが完結できます。オンライン申し込みの手続きは、以下の通りです。

オンライン申し込み手順
  1. オンラインで申し込み内容を入力する
  2. オンラインで支払い口座の指定
  3. 審査後、結果をメールで受信
  4. カード発行後に郵送
  5. 会員サイトにログイン

通常の申し込みはカード発行まで2~3週間かかることを考えると、最短3営業日で発行されるオンライン申し込みはスピーディです。ただし、申し込み日が土日祝日の場合はその日数分伸びますので、注意が必要です。

特徴2:年間利用累計額ごとに1~2倍ポイントが貯まるポイントサービス

ライフカードは、1年間の利用累計額によって、翌年のポイント還元率が決まるステージ制のポイントプログラムを行っています。累計金額ごとのポイントの還元率は、以下の通りです。

ステージ制プログラム
  • 前年度の利用累計額が50万円未満:ポイント1倍
  • 前年度の利用累計額が50万円以上:ポイント1.5倍
  • 前年度の利用累計額が100万円以上:ポイント1.8倍
  • 前年度の利用累計額が200万円以上:ポイント2倍

普段の買い物をライフカードにまとめることで、さらにお得にポイントを貯めることができます。毎月の固定費などの支払いをライフカードにまとめれば、最高額の200万円のハードルもそこまで高いものではないでしょう。

特徴3:入会後1年間はポイントの還元率が1.5倍

ライフカードは、申し込みを行った年度はポイントの還元率が1.5倍で利用できます。そのため、初年度は使えば使うほどたくさんポイントを貯めることができます。

せっかくのお得な特典なので、活用しない手はないでしょう。また、ポイントの有効期限は繰越手続きを行ことで最大5年間有効です。他のクレジットカードと比べても、有効期限は長めなのでコツコツ貯めることができます。

特徴4:L-Mall経由のネットショッピングでポイントの還元率が最大25倍

L-Mallは、ライフカード会員の方が利用できる通販サイトです。日用品、グルメ、家電、アパレルなどの幅広いジャンルを取り扱っています。

利用の際には「LIFE-Web Desk」に登録をする必要がありますが、ライフカードを持っていれば登録は簡単で、入会費や年会費も無料です。

また、L-Mallを経由して提携店舗でネットショッピングをすると、ポイントの還元率は最大25倍です。提携店舗は約500店で、大手通販サイトの楽天市場やYahoo!ショッピングなどもあり、使い勝手は抜群です。

提携店舗ごとのポイントの還元率は時期により変動があるため、気になる方は公式HPで確認してください。

L-Mall提携店舗
  • 楽天市場:ポイント2倍
  • Yahoo!ショッピング:ポイント2倍
  • 三越伊勢丹オンラインストア:ポイント8倍
  • ビートップス:ポイント4倍
  • キリン オンラインショップ DRINK:ポイント16倍
  • ギフトランド:ポイント15倍
  • マカフィーストア:ポイント25倍

いつものネットショッピングで、お得にポイントが貯めることができます。

ライフカードの審査は厳しい?審査基準を紹介

クレジットカードを作る際、気になるのは審査でしょう。申し込みを行っても審査に通らなければカードを持つことはできません。ここでは、ライフカードの審査の難易度と、審査基準を紹介します。

ライフカードの審査の難易度

ライフカードの審査は特別厳しい訳ではありませんが、甘過ぎることもありません。ライフカードの審査に関しては以下の情報が公開されています。

ライフカード 個人情報の取扱に関する同意契約書 第3条

当社が加盟する個人信用情報機関(個人の支払能力に関する情報の収集及び加盟会員に対する当該情報の提供を業とする者)及び当該機関と提携する個人信用情報機関に照会し、申込者、会員及びその配偶者の個人情報が登録されている場合には、申込者及び会員の支払能力・返済能力の調査の目的に限り、当社がそれを利用することに同意します。

引用元:ライフカード オンライン入会申し込み

ライフカードでは審査を行う際に、個人信用情報機関の情報を照会しています。個人信用情報機関には、クレジットカードやカードローンなどの返済履歴が登録されいます。

つまり、過去に繰り返し滞納歴がある方や、自己破産をしている方は審査を通過できない可能性が高いです。自分の信用情報はCICなどの信用情報機関で開示請求ができるため、申し込み前に確認しておくこともできます。

もし審査に通るか不安な方は、後で紹介する学生専用カードデポジット制ライフカードの申し込みがおすすめです。

ライフカードの審査基準

公式HPで明確な審査基準は公表されていませんが、申し込み資格は国内在住の高校生を除く18歳以上となっています。

一般的なクレジットカードの審査には年収や信用情報を確認されるので、信用情報に傷が無く安定した収入がある方であれば通る可能性はあるでしょう。

しかし、審査に通るか不安な方も、安心の制度があります。ライフカードは、他のクレジットカードにはない独自の審査基準を設けています。

ライフカード 審査に関する公表事項

  • 独自の審査基準で一人ひとり個別に審査
  • 歩合給・変動給でもOK

引用元:ライフカード 公式HP

過去に延滞がある方、初めてクレジットカードを作る方、審査に不安のある方には一人ひとり個別に審査を行っています。

そのため、通常審査に通りにくいと言われる主婦、アルバイト、パートの方も、収入さえあれば審査に通る可能性はゼロではありません。クレジットカードを作ることを諦めていた方も、挑戦する価値はあると言えます。

ライフカードの締め日・引き落とし日

締め日と引き落とし日を確認しておかなければ、滞納してしまう恐れがあります。ライフカードの締め日は、ショッピング枠とキャッシング枠で違いがあるため、注意が必要です。

また、引き落とし日は登録した金融機関によって異なるので、利用の前に確認しておきましょう。公式HPで発表されている締め日と引き落とし日は、以下の通りです。

締め日
  • ショッピング:毎月5日締め、当月支払い開始
  • キャッシング:毎月月末締め、翌月支払い開始

 

引き落とし日
  • 口座振替日:請求月の27日または翌月3日

給料日などの関係で引き落とし日を変更したい方は、口座振替に登録の金融機関を変更すれば、変えられる可能性があります。

口座振替の変更は、LIFE-Web DESKまたはライフカードインフォメーションセンターで行うことができます。なお、もし支払いまでに返済額を用意できない場合は、返済方法を返済することも可能です。

ライフカードには「あとからリボ」「あとから分割」など、後から返済方法を変更できる便利な制度があります。滞納の記録が残るとさまざまな場面で不利になってしまうので、ピンチの時には活用しましょう。

ライフカードの明細確認方法とは?アプリでも可能?

ライフカードの明細の確認は「LIFE-Web DESK」「ライフカードインフォメーションセンター」「アプリ」で確認が可能です。

LIFE-Web DESKでは、ご利用代金明細照会・Web支払い画面で過去最長15カ月分までの利用代金明細を見ることができます。

紙の明細書を希望する方は、ライフカードインフォメーションセンターに問い合わせれば、郵送してもらうことも可能です。明細書が到着するまでには1カ月ほど要しますので、早めに問い合わせておきましょう。

また、アプリをダウンロードすれば、IDやパスワードを入力することなくより便利にLIFE-Web DESKを利用することができます。支払い金額やポイント数が一目で分かるので、家計の管理が楽になります。

ライフカードの評判は?気になる口コミを紹介

ライフカードの申し込みを検討する際、参考になるのは利用者の口コミです。実際に利用した方の評価を紹介しますので、参考にしてください。

ライフカードの良い口コミ

使い勝手がとてもいい
申し込み手続きも面倒なことはなく、すぐにカードを発行することができました。会員専用サイトはシンプルで使い勝手がよく、支払金額とポイントをすぐに確認することができます。通常の年会費はもちろん、ETCや家族カードも無料で持つことができるので、損することは一切ありません。
ポイントが貯まりやすい
ステージ制のポイントプログラムで、最大2倍ポイントが付与されるのはかなりお得です。メインカードとして使う予定です。
誕生日月はポイントが3倍なので、自分へのご褒美としてこのタイミングで色々買ってしまいます。その他にもネットショッピングで高い還元率を得る方法もあるので、賢く利用できればポイントがザクザク貯まると思います。
盗難時にも安心できた
今までたくさんのクレジットカードを利用してきましたが、最終的にこのカードになりました。使い勝手はもちろんのこと、会社にも信用がおけます。海外での盗難とスキミングによる不正使用の際には、素早く密な連絡で対応を取ってくれたので被害を免れることができました。これからも使い続けます。

ライフカードの悪い口コミ

融通がきかない対応だった
長期で海外出張に行くことになり、カードの早期更新を問い合わせました。しかし、コールセンターのスタッフは早期更新はできないの一点張りでした。渡航中に有効期限を迎えてしまうため何か解決策はないか尋ねたのですが、ただ更新できないというばかりでがっかりしました。
コールセンターの対応が悪い
口座振替の変更を依頼したところ、印鑑の読み取りができなかったとのことで、再度印鑑の提出を求められた。すぐに返送したが、手続きができておらず、利用した金額が延滞状態になってしまいました。手続きが済んでいない連絡もなく、結局延滞料金発生後まで連絡がありませんでした。コールセンターに問い合わせても不十分な対応を取られ、不安になりました。

ライフカード解約はどこに問い合わせる?解約方法を紹介

ライフカードの解約手続きは、電話のみで対応しています。音声ガイダンスに沿って操作するだけなので、待ち時間なく解約が可能です。解約までの手順は、以下の通りです。

ライフカードの解約手順
  1. ライフカードの電話窓口へ電話をかける
  2. サービス番号で32#を押す
  3. 音声ガイダンスに従ってカード番号を入力
  4. カードの4桁の暗証番号を入力
  5. 解約時の注意事項を確認
  6. 解約が完了
  7. カードをハサミで切って処分する

解約後、ライフカードから書面やメールが届くことはありません。クレジットカードの処分は忘れずに行いましょう。解約をする上で面倒な手続きは一切不要なので、安心して使うことができます。

ライフカードにはこんなカードも!おすすめカードを3つ紹介!

ライフカードには、他にも3つの種類のカードがあります。特徴を比較して、自分にぴったりのものを選びましょう。

1学生専用ライフカード

学生専用ライフカードの3つの特徴

  • 最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯
  • 海外ショッピング利用では、5.0%がキャッシュバック
  • 年会費・家族カード・ETCカードは無料

学生専用カードは、学生専用のお得なクレジットカードです。年会費が無料であるにも関わらず、最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯されます。

また、海外利用金額の3.0%がキャッシュバックされるため、海外によく行く機会のある方にもおすすめです。ただし、卒業後はいくつかの特典が利用できなくなるため注意が必要です。

年会費 無料 付帯保険 海外旅行保険
還元率 0.5% 電子マネー 楽天Edy
nanaco
モバイルSuica
ライフカードiD
ブランド JCB
Visa
MasterCard
申込条件 満18歳以上25歳以下で、在学中の方

2デポジット型ライフカード

デポジット型ライフカードの3つの特徴

  • 補償金を預ければ、クレジットカードとして利用可能
  • 弁護士無料相談サービスが付帯
  • ETCカードは発行手数料・年会費が無料

デポジット型ライフカードは、入会の際に保証金を預けることで、クレジットカードとして使うことができます。

最低保証金額は年会費を含めて105,000円です。支払った保証金は、カードを退会する際に全額返金されます。事情により審査を通過できない方におすすめのクレジットカードです。

年会費 5,500円 付帯保険 国内・海外旅行
シートベルト傷害
還元率 0.5% 電子マネー 楽天Edy
nanaco
モバイルSuica
ライフカードiD
ブランド MasterCard 申込条件 国内居住の18歳以上

3ライフカードStella

ライフカードStellaの3つの特徴

  • 最高1,000万円の国内&最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯
  • 海外ショッピング利用では、3.0%がキャッシュバック
  • 「子宮頸がん」「乳がん」の検診が無料で受けられるクーポンが貰える

ライフカードStellaは、海外に行く機会の多い女性におすすめのクレジットカードです。海外利用金額の3.0%がキャッシュバックされます。

国内と海外の旅行保険とシートベルト傷害保険が自動付帯されるため、万が一の時も安心です。

また、女性特有の疾病である「子宮頸がん」「乳がん」の無料検診が受けられる日本対がん協会発行のクーポンがプレゼントされます。

年会費 1,375円 付帯保険 国内・海外旅行、シートベルト傷害
還元率 0.3% 電子マネー -
ブランド JCB 申込条件 国内居住の18歳以上

※初年度は無料、翌年度以降は170サンクスポイントで年会費無料コースに応募可能

まとめ

ライフカードの特徴や口コミを紹介しました。年会費は永年無料で、家族カードとETCカードも無料所有できます。維持費がかからないため、初心者でも安心して使うことができるでしょう。

また、学生専用カードデポジット型ライフカードStellaもあるので、用途に応じてぴったりなものを利用してください。

年会費・家族カード・ETCカードを全て無料で持ちたい、たくさんポイントを貯めたい、といった方におすすめできるカードです。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事