クレジットカードの作り方!学生や無職でも作成したい方必見

クレジットカードは、現金を持ちあわえていない場合でも「立て替え」という形で利用できるため非常に便利です。

そこで今回は、クレジットカードの作り方や流れについて解説したうえで、審査や作るためのコツについて見ていきます。

あわせて、おすすめのクレジットカードをランキング形式で紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント

  • クレジットカードの作り方や手順とは?
  • クレジットカードの審査について把握できる
  • クレジットカードを作るためのコツを理解できる

クレジットカードの作り方

クレジットカードおすすめ

まずは、クレジットカードの作り方や手順について見ていきましょう。基本的な手順については下記になります。

クレジットカードの作り方

①クレジットカードを選択する
必要事項を記入・入力して申し込み
③審査
カード受け取り&利用開始

簡単にいうと、上記の通り手続きが進み、完了するとクレジットカードが発行される流れです。では、それぞれの中身について見ていきましょう。

手順①:申し込むクレジットカードを選択する

今では数多くのクレジットカードがありますので、どれに申し込みをするか迷ってしまいます。申し込みをするうえで、チェックしてほしいポイントは以下の通りです。

クレジットカードの選択基準

  • 還元率
  • 年会費
  • 保険・保証の充実度

申し込みはネットの普及に伴って複数の方法が用意されていますので、自分にとって都合の良いものを選んでください。

おすすめはWEB申し込み

クレジットカードは、様々な申し込み方法が用意されていることが多いですがWEB申し込みをおすすめします。

それぞれの申し込み方法については以下の通りです。

郵送 WEB 来店
申込完了までに時間がかかる 最短即日で発行可能
キャンペーンが豊富
対応しているカードが少ない

上記の表からもわかるように、WEB申し込みが最もおすすめの申し込み方法です。

WEBから申し込むことで、オンラインで全て完結することが多くいつでもどこでも申し込みすることができます。

手順②:必要事項を記入・入力して申し込み

クレジットカードを申し込むうえで、必要な情報は名前や住所、年収や職業が挙げられます。

これらの必要事項は申し込み時の審査にて見られますので、虚偽申告は絶対にしないでください。

なお、クレジットカード会社によっては必要事項の内容が異なる場合もありますので、事前にチェックしておく方が申し込みはスムーズに進みます。

手順③:審査

審査は上記の申し込み時に記載した個人情報等をもとに実施されます。

クレジットカード会社側としてはお金を貸す立場になるため、きちんと期日に返済してくれるかを見定めなくてはいけません。

いわゆる返済能力の有無については、収入や職業などトータル的にチェックされます。

手順④:カード受け取り&利用開始

審査に無事通過すると、後はクレジットカードを受け取るだけです。

クレジットカードは受取先に指定した住所に届きますので、到着したら申し込みをしたカードに間違いがないかを確認してください。

なお、券面の名前が間違っている場合や申し込みをしたクレジットカードと種類が違うときは、カード会社に連絡をしましょう。

問題がなければ、そのまま使用を開始できます。

クレジットカードを作成する際に必要なもの

ここからは、クレジットカードを作る際に必要なものを見ていきましょう。

事前に用意をしておくことでスムーズに手続きが進められるため、ぜひチェックしておいてください。

本人確認書類

まず、本人確認書類を用意してください。本人確認書類として有効なものは下記の通りです。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民票

    上記の他に有効となるものもカード会社によってはある可能性がゼロではないため、事前に問い合わせておくこともおすすめです。

    特に、保険証の取り扱いに関しての法改正があったためクレジットカードを作成する際には一度公式ホームページを確認しましょう。

    また、仮に本人確認書類の住所が現住所と違う場合は、確認できる公共料金等の領収書が必要となる場合があります。

    きちんと有効な本人確認書類を準備するようにしてください。

    個人情報

    クレジットカードの審査において重視される個人情報とは、以下を指すことが多いです。

    • 年収
    • 職業
    • 雇用形態

    クレジットカードの審査において重要視される項目であり、返済能力の有無などの信頼度を把握するための要素となります。

    申込用紙や申し込みフォームなどに入力することになりますが、虚偽をして申請することは避けてください。

    審査に通過したいばかりに、年収を多めに記載したり、アルバイトにも関わらず正社員などにして申請すると必ずバレます。

    虚偽申請が発覚すると、最悪の場合は2度とそのクレジットカードを作れないという問題に発展する可能性もゼロではありませんのでご注意ください。

    銀行口座

    クレジットカードを利用する際、利用金額が引き落とされる銀行口座は必ず用意しなければいけません。

    銀行口座がない場合は、申し込むにあたり事前に作成しておいてください。

    口座情報がわかるためのキャッシュカードや通帳の提示が求められますので、手元に用意しておくとスムーズに進められます。

    なお、クレジットカード会社ではWEBで申し込む際に口座の登録ができるところが増えているため、ぜひ同時に作成することも検討してみてください。

    クレジットカード作成時の審査で
    チェックされるポイント

    ここからは、クレジットカードを作成する際の審査でチェックされる項目について説明していきます。

    下記の点に注意しなければ審査通過は難しいため、ぜひ把握しておいてください。

    過去の利用履歴

    クレジットカードの審査では、過去の利用履歴は非常に重要視されます。

    クレジットカードはもちろん、カードローンなどを利用した際の履歴についてもチェックされ、きちんと返済しているか、トラブルは起こしていないかなどを見られます。

    また、複数社から借入をしているなども審査時のチェックでわかりますので、それらを踏まえて返済能力が乏しいと判断されれば審査落ちの可能性は高いです。

    信用情報

    信用情報とは、個人信用情報機関に問い合わせをして社会的に信用できる人物であるかを判断することを意味します。

    個人信用情報機関には、カードローンをはじめとする各種ローン関係やクレジットカードの利用、その他さまざまなお金に関する情報が登録されています。

    過去に金融事故を起こしている場合、個人信用情報機関に名前が登録されるちといわゆる「ブラックリスト」となるため、審査落ちは濃厚です。

    収入や仕事

    収入や仕事情報など、本人の属性についてもクレジットカードの審査時にはチェックされます。

    収入がなければ、当然ですがクレジットカードを利用してもきちんと期日に返済してくれる可能性は低いため、審査落ちとなることは明白です。

    また、仕事についても雇用形態や勤続年数などを審査では確認されます。

    クレジットカード会社独自で審査項目を設けている場合もあるためあくまで参考となりますが、勤続年数は長い方が会社としても安定している、収入も安定していると判断されやすいため審査では有利に働きます。

    即日でクレジットカードを
    作るコツ

    クレジットカードの申し込みをして、その日のうちに発行され活用したいと考えている人は少なくないでしょう。

    実は、カードによっては即日発行が可能となりますので、急ぎで手元に用意したい時でも対応できます。

    即日でクレジットカードを発行したい場合は、WEB申し込みをしてください。

    クレジットカードの公式ホームページの申し込み画面では、申し込みフォームへの入力から審査結果の確認、そして使用開始までをスムーズに行えます。

    もちろん審査の混雑状況等によって即日発行に対応できない場合もございますので、一度問い合わせをして確認することをおすすめします。

    学生や無職でも
    クレジットカードは作れる?

    学生や無職でもクレジットカードを作成することは可能です。では、どういった点に気を付ければ良いのでしょうか。

    ここからは、作成するためのコツについて見ていきましょう。

    未成年が作成するためのコツ

    未成年でもクレジットカードは作れますが、多くのカード会社では18歳以上であることが条件として設けられています。

    また、未成年の場合は年齢を満たしていても親の同意が必要であったり、高校生は申し込み不可であったりしますので、その点についても把握しておいてください。

    つまり、未成年でもクレジットカードを作れる対象となるのは、18歳以上の大学生、もしくは社会人ということになります。

    なお、学生がクレジットカードを作る時のコツとしては、学生向けの種類に申し込むことをおすすめします。

    最近では学生を対象にしたクレジットカードが登場しており、利用限度額は少なめですが、審査基準が甘い・年会費が安いなどの点から好評です。

    無職の方が作成するためのコツ

    実は、クレジットカードは主婦などの無職の方でも作成できます。

    無職の方がクレジットカードを作るコツとして、最もおすすめな方法が家族カードに申し込みをすることです。

    【家族カードとは?】
    クレジットカード契約者である本会員の家族に対して発行ができるカードのこと

    家族カードを作る際、審査では本会員の方の収入や利用履歴、個人情報などが確認され、返済能力を有していると判断されれば家族カードが発行されます。

    家族カードは本会員のカードとほぼ同じ条件で使用可能です。

    専業主婦のように無職の方でも、配偶者に安定した収入があればクレジットカードの審査に通る場合があります。

    また、上記にもあった通りクレジットカードには学生向けの種類もありますので、無職で学生の場合はそちらへの申し込みも検討してみてください。

    クレジットカードおすすめランキング

    1JCB CARD W

    JCB CARD W5つの特徴

    • ポイントは常に2倍以上
    • 年会費は永年無料
    • 54のパートナー店舗でポイント還元率アップ
    • Amazonでポイント還元率2.0%
    • スターバックスでポイント10倍(還元率5.50%)

    最初に紹介するのは大人気のJCB CARD Wです。このカードは、JCBが発行する39歳以下限定でポイントが貯まりやすいことが特徴。

    どこで使っても、通常のカードより2倍以上のポイントが貯まるためお得に利用できます。

    年会費 無料 ブランド JCB
    貯まるポイント OkiDokiポイント 還元率 1.00〜5.50%
    ショッピング保険 国内(-)
    海外(○)
    旅行保険 国内(-)
    海外(○)

    JCB CARD Wの作り方

    1. 公式の申し込みページに移動
    2. 確認事項をチェックし申し込みフォームを入力
    3. 支払いに利用する口座を設定
    4. 個人情報を入力
    5. 暗証番号の設定&追加カードの申し込み
    6. 付帯サービス(オプション)の追加
    7. 申し込み完了

    JCB CARD Wの申し込みはインターネットからしかできないため、まずは公式の申し込みページに移動してください。

    そこからは、手順にしたがって情報を入力することで申し込みが完了します。特に、難しい項目もないため初めてのクレジットカード作成でも安心です。

    JCB CARD Wのキャンペーン情報

    • インターネット新規入会で最大14,500円分プレゼント(〜2020年12月31日)
    • Apple Pay・GooglePay利用で20%還元(〜2020年12月31日)

    2三井住友カード

    三井住友カード5つの特徴

    • 対象店舗でポイント5倍
    • 初年度年会費無料
    • 電子マネーへの交換が可能
    • 決済手段が豊富
    • セキュリティ対策バッチリ

    次に紹介するカードは三井住友カードです。このカードの最大の特徴は、ポイントの活用法が豊富な点です。

    また、コンビニやマクドナルドなどの対象店舗でポイント5倍になるためお得に利用することができます。

    年会費 初年度無料
    (2年明光1,375円)
    ブランド VISA,Mastercard
    貯まるポイント Vポイント 還元率 0.5〜2.5%
    ショッピング保険 年間100万円〜300万円 旅行保険 国内(-)
    海外(-)

    三井住友カードの作り方

    1. 公式の申し込みページに移動
    2. 本人情報の入力
    3. ご職業(学校)とキャッシング・リボの設定
    4. 希望のカードブランド選択・追加カード申し込み
    5. 入力内容の確認&オンライン口座振替の設定
    6. 申し込み完了

    三井住友カードの作成手順は上記の通りです。

    郵送での申し込みもできますが、スムーズに申し込みが進むだけでなく初年度の年会費が無料になるためオンラインでの申し込みがおすすめです。

    三井住友カードのキャンペーン情報

    • 新規入会でもれなく利用金額の20%最大12,000円プレゼント(〜2020年11月30日)

    3ライフカード

    ライフカード5つの特徴

    • 年会費完全無料
    • 誕生月がポイント3倍
    • 国際ブランドは3つから選べる
    • 最短3営業日で発行可能
    • 保険・保証内容の充実度はトップクラス

    次に紹介するカードはライフカードです。

    ライフカードの特徴として、年会費が無料にもかかわらず保険・保証内容の充実度がトップクラスなことが挙げられます。

    また、最短3営業日で発行できる点も嬉しいポイントです。

    年会費 永年無料 ブランド VISA,Mastercard,JCB
    貯まるポイント ライフサンクスポイント 還元率 0.5〜1.5%
    ショッピング保険 年間300万円 旅行保険 国内(○)
    海外(○)

    ライフカードの作り方

    1. 公式ホームページからオンラインで入会申し込み
    2. 本人情報の入力
    3. ご職業(学校)や追加サービスの選択
    4. 申し込み確認後お支払い口座の設定
    5. 申し込み完了

    三井住友カードの作成手順は上記の通りです。

    郵送での申し込みもできますが、お支払い口座の設定までオンラインで完結させると最短で3営業日後に発行されるためオンラインでの申し込みをおすすめします。

    ライフカードのキャンペーン情報

    • 新規入会でもれなく利用金額の20%最大12,000円プレゼント(〜2020年11月30日)

    まとめ

    この記事では、クレジットカードの作り方や手順、作成するうえでのコツなどを解説しました。

    クレジットカードは所持することで現金を使わずショッピング等が楽しめる便利なものです。

    この記事のまとめ

    • クレジットカードはネットをはじめとした様々な方法で申し込める
    • クレジットカードの審査は信用情報や過去の利用履歴などが重視される
    • 学生や無職でもクレジットカードは作成できる

    しかし、利用するには各クレジットカード会社が定めている基準を満たし、審査に通過しなければいけません。

    どのような点がチェックされるのか、通過するためのコツは何かを把握しておくことで、発行される可能性は高くなります。

    また、クレジットカードの種類によっては学生でも所持できるものがありますので、ぜひチェックしておいてください。

    無職でも家族カードを申し込むなど、クレジットカードを所持する方法はありますので把握しておきましょう。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事