クレジットカードのポイントおすすめの貯め方

クレジットカードでの支払いをするメリットはポイントが貯められるということです。普段からクレジットカードを使っている人は貯めたポイントを買い物や支払いに使えてお得です。

クレジットカードは種類が多く選ぶ基準もたくさんありますが、その中でもポイントが効率良く貯まり、使いやすいおすすめクレジットカードを紹介していきます。

クレジットカードのポイントが貯まるしくみ

クレジットカードのポイントの貯め方

クレジットカードのポイントは、どのようにして貯まるのでしょうか。

クレジットで支払いをすると支払った金額に応じてポイントが獲得できます。現金払いの場合はお金を払うだけで会計は終わりですが、決済方法をクレジットカードにすることで勝手にポイントが貯まります

いつもの買い物や支払いでそのままお金を払うだけで終わりというのはとてももったいないことです。思っているより簡単に、節約にも大きく関わります。日常的にポイントを貯める生活を心がけましょう。

クレジットカードで支払いをしてポイントが使えるまで

クレジットカードのポイントはどのようにして付与される?

クレジットカードで支払う→手数料の一部を会員にポイント付与

支払った金額に対して還元される割合が高いほどポイントが貯まりやすくなります。

ポイ活するならクレジットカードは必須

クレジットカードのポイントででポイ活

「ポイ活」とは
ポイント活動の略でキャッシュレス決済やポイントサイトなどで貯めたポイントを利用すること

ポイ活をする上でクレジットカードは重要です。ポイントを貯めやすい還元率が高めのクレジットカードや、提携しているお店がたくさんあるクレジットカードを選ぶことも立派なポイ活です。

貯めたいと思うポイントと相性の良いクレジットカードを使うことをおすすめします。

ポイ活中の方の中には「たくさんポイントを貯めたい」と複数のクレジットカードを持つ方がいますが、手数料や年会費の方が高くついたという場合もあるので持つクレジットカードは絞ったほうが管理しやすいです。

クレジットカード会社によってはボーナスポイントがつく

提携している飲食店や施設で買い物などの利用をすると、ボーナスで追加ポイントがもらえるクレジットカードもあります。

A社の提携店でA社クレジットカードを使い買い物するとポイント〇倍など

ボーナスポイントがつくこと以外にも、提携店でのクレジットカード提示で〇%オフなど割引きが受けられる店舗もあります。

どこの店舗と提携しているかはクレジットカード会社のサイトに記載してあります。ポイントの取りこぼしがないように把握しておきましょう。

クレジットカードのポイントを効率的に貯めるなら

クレジットカードのポイントの効率的な貯め方

還元率とは
支払った金額の〇〇%をポイントとしてもらえるかを示した数値

還元率はクレジットカード会社により異なりますがポイントを貯めるには重要点です。同じ金額の支払いでも還元率が高いのと低いのでは獲得できるポイントが大きく変わってきます

多少の差に見えますが、使えば使うほどもらえるポイントの差額は大きく変わるので還元率にも注目です。

ポイント還元率の計算方法

還元率=付与ポイント÷利用金額×100

還元率の平均の目安は0.50%~1.00%ほどです。クレジットカードを数社比較して還元率が高めなところを選んでみましょう。

ランクアップするとポイント還元率も上がる?

クレジットカードにはランク制度があり、一般的には以下のようなものがあります。

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

クレジットカードがランクアップすると還元率もアップするというクレジットカードもあります。ランクアップする条件もクレジットカードにより異なるのでランクが上がったときの還元率も確認しましょう

ポイントが貯まりやすいクレジットカードを徹底比較

ポイントの貯まりやすいクレジットカード

クレジットカードをなるべく厳選したい方は自分がよく使うショップをふまえて選びましょう。おすすめな人気の高いクレジットカードの中からボーナスポイントと還元率を中心に比較してみます。

1JCB Wカード

JCBカードWのポイント還元率とは

JCB Wカード5つの特徴

  • 還元率1.00%
  • 39歳までの入会で年会費永年無料
  • 申し込みはWEBで完結
  • セキュリティなどの保証あり
  • ポイントいつでも2倍

1回のご利用金額が1,000円に満たなくても、ひと月のご利用分すべてを合計した上でポイントに換算されるので損になりません

還元率 1.00% 100円利用につき1P
ボーナスポイント
  • Amazon:ポイント3倍
  • セブンイレブン:ポイント3倍
  • 一休.comレストラン:ポイント3倍
  • スターバックス:ポイント10倍
年会費 永年無料
国際ブランド JCB

2三井住友カード

三井住友カードのぽピント還元率とは

三井住友カード5つの特徴

  • 還元率0.50%
  • 初年度年会費無料
  • 最短翌営業日発行
  • 対象店舗利用でポイント5倍
  • セキュリティなどの保証あり

普段使うコンビニでクレジット利用するといつでも2%還元はうれしいポイントです。AmazonやYahoo!ショッピングなどで買い物をする方におすすめしたいクレジットカードです。

還元率 0.50% 200円利用に付き1P
ボーナスポイント
  • 選べる3つのショップでポイント2倍
  • ポイントUPモール経由の買い物ででポイント最大20倍
  • ココイコ利用でポイント増量+キャッシュバック
  • コンビニ3社&マクドナルドで+2%還元
年会費 1,375円(税込)初年度無料
国際ブランド VISA、Mastercard

ライフカード

ライフカードのポイント還元率

ライフカード5つの特徴

  • 還元率0.50%
  • 年会費・家族カード年会費無料
  • ETCカード年会費・発行手数料無料
  • 申し込みから最短3日で発行
  • ポイントの移行先が多い

入会後1年間はポイントが1.5倍+誕生月はポイントが3倍になります。さらに入会特典最大10000円相当ポイントプレゼントも

還元率 0.50% 200円利用に付き1P 誕生月3倍
ボーナスポイント
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • L-Mall経由の買い物でポイント最大25倍
  • ステージ制でポイントアップ
年会費 無料
国際ブランド Visa MasterCard JCB

4エポスカード

エポスカードのポイント還元率とは

エポスカード5つの特徴

  • 還元率0.50%
  • 入会金・年会費無料
  • 海外旅行保険付帯
  • 最短即日発行
  • カード利用通知サービス

全国のいろいろな場所で割引きやポイントアップなどの優待が受けられるのはうれしいポイントです。マルイをよく利用する方におすすめです。

還元率 0.50% 200円利用に付き1P
ボーナスポイント 選べる3つのショップでポイントアップ

マルイグループ・マルイネットショッピングでの利用でポイントアップ

全国7000店舗以上の優待施設利用でポイントアップ

「たまるマーケット」経由の買い物でポイントアップ

年会費 無料
国際ブランド VISA

5三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード5つの特徴

  • 還元率0.50%
  • 年会費無料
  • 自動で口座入金
  • 海外旅行傷害保険サービス
  • 最短翌営業日発行

ETCの利用、携帯料金、各種プロバイダー料金のお支払いでポイント2倍になります。VIASOカードのポイントは貯まった時に自動的に口座に入金されます。面倒な手続きなく直接口座に入金できるのは嬉しいポイントです。

還元率 0.50% 200円に付き1P
ボーナスポイント Viaso eショップ経由の買い物でポイントアップ
年会費 無料
国際ブランド MasterCard

6dカード

dカードのクレジットカードのポイント還元率

dカード5つの特徴

  • 還元率1.00%
  • 年会費無料
  • ポイントで携帯料金が支払える
  • 不正利用検知システム
  • 電子マネーIDが使える

ドコモユーザーなら毎月の利用料金の10%が還元される特典もあり、ドコモ契約の方はお得です。

dカードには電子マネー「ID」がついておりdカード利用でついたポイントはIDでの支払いに使えます。

還元率 1.00% 100円利用につき1P
ボーナスポイント ドコモの利用料金でポイント10%還元

dカード提携店の利用でポイントアップ

ポイントUPモールを経由の買い物でポイントアップ

年会費 無料
国際ブランド VISA MasterCard

ポイントが貯まりやすいクレジットカードとは

ポイントが貯まって使いやすいクレジットカード

ポイントが貯まりやすいクレジットカードの共通点は、還元率も大切ですがいろいろな場面で使えるということです。

普段の買い物やネットショッピングはもちろん、毎月の家賃・光熱費など固定の支払いで使えるものを選ぶことでポイントは必然的に貯まっていきます。

通帳引き落としや現金払いにしている方は、クレジットカード支払いに変えてポイントを貯めてみましょう

クレジットカードで貯まったポイントの使い方

クレジットカード利用で貯めたポイントはどういった使い方ができるのでしょうか。

  • 金券や商品券と交換する
  • 他社ポイントやマイルに交換する
  • いつも行くお店で使える

もちろん次のクレジットカードの引き落としにもまわせます。A社のクレジットカードの支払いで貯めたポイントを次の月のA社の支払いに当てることもできるので便利です。

現在は意外なところでもクレジットカードが使えるところが多いです。税金や年金の支払い、病院代などもクレジットカードで支払いができるところが増えています。

ポイントをたくさん貯める方法としては、できるだけクレジットカードを使う回数を増やすことをおすすめします。特に行きつけのお店などポイントが使いやすいクレジットカードがよいでしょう。

ポイントの有効期限

ポイントは一定期間たつと消滅してしまう期限付きのクレジットカードもありますが、クレジットカードによっては期限がないクレジットカードもあるので最初に確認してみましょう。

ノーマルなクレジットカードは期限付きでもゴールドプラチナにランクアップするとポイントが無期限ポイントに変わるといった場合もあります。

せっかく貯まったポイントを交換せずに失効してしまうのはもったいないので、ポイント利用期限があるクレジットカードをお持ちの方は気を付けましょう。

クレジットカードのメリットと注意する点

クレジットカードを持つときのポイント

最近はキャッシュレス決済が中心になりつつありますがあまり知識がないまま利用することは危険です。

クレジットカードを利用する上でのメリットや気をつける点を知っておきましょう。

クレジットカードを利用するメリット

簡単にポイントが貯まるということ以外でクレジットカードを利用すると以下のようなメリットがあります。

  • 現金が手元になくても買い物ができる
  • お金の管理がしやすい
  • 通販などでの支払いが簡単
  • 会員優待が受けられる・保険付帯がある

現金を使う機会が減るとATMから現金を引き落とす機会も減るのでATM手数料の節約にもなります。

クレジットカード利用する上で気を付けること

  • 年会費や入会費に注意
  • リボ払いに注意
  • 引き落とし日の確認
  • 利用可能額の確認

年会費・入会費は一年に一定額使えば無料になるものや、初年月のみ無料というものもありますのでよく確認しましょう。

支払い方法に関しては気づかないうちにリボ払いになっていないか、分割払いなら手数料に注意です。

さらに、引き落とし日をつい忘れて口座の残高が足りなかった場合、別日に再度引き落としができない場合もあります。遅れた場合はクレジットカード会社に連絡をして振り込みで支払らわなければならないなど手間なので、引き落とし日の確認は怠らないようにしましょう。

以上に気を付けて利用していればポイントを貯めながらいつもの買い物が楽しめます。

ポイント付与の対象にならない場合

クレジットカードのポイント付与対象外

クレジットカードで支払いをしてもポイント付与対象にならないものがあります。

  • 年会費や入会費、再発行手数料
  • 保険料などの支払い ・分割やリボ払いの手数料
  • キャッシングの支払い
  • 電子マネーへのチャージ料

クレジットカード会社により多少異なりますが基本的には以上のような支払いについてはポイント付与の対象にはなりません

これから入会する方も持っている方も確認し、貯められるポイントは貯めましょう。

まとめ

普段のお買い物をクレジットカードでの支払いに変えるだけで、ポイントがつくのでお得に買い物ができます。

ポイントの還元率使える場所などはさまざまなので、自分にあったクレジットカードを選ぶことで効率よくポイントが貯められます

ただ使うだけではもったいないので加盟店が多いこと・自分がよく利用するお店と提携しているおり使いやすいことに注目して選びましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事