クレジットカードのキャッシング枠・返済方法・金利など全て解説

クレジットカードのキャッシングは、「必要なときに必要なお金を借入できる」便利なサービスです。今回はクレジットカードのキャッシングについて詳しく解説します。

キャッシング枠や金利や返済方法はもちろんのこと、キャッシングが利用できない場合の原因と対処法も紹介しています。キャッシングの利用を考えている方は、ぜひ参考になさってください。

クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。「ショッピング枠」は発行したときから付帯しますが、「キャッシング枠」は申請しなければ付帯しません

キャッシング枠が付帯しているカードでは、現金が利用できます。 カードを使って、コンビニATMやインターネットからの借入が可能です。

キャッシングは、今すぐ現金が必要なときにすぐ借入できる非常に便利なサービスです。

キャッシングの審査について

キャッシング枠を付けるためには「申請」と「審査」が必要です。キャッシング枠の申請を行うと、カード発行時に記入した情報をもとに審査が行われます。審査なしで利用可能なキャッシングは存在しません。

審査では「個人信用情報」「他社からの借入」「本人の属性」の3つが確認されます。これら3つの情報に問題がなければ、カードを使った借入が可能です。

ただし、詳細な審査基準はカード会社が独自に決めており、審査内容は非公開となっています。

キャッシング枠について

キャッシング枠は、カード発行時に付けることも後から申請することもできます。また、一度付けた枠をなくすことも可能です。

クレジットカードを所有している方の中には「キャッシング枠に応じて手数料が発生するのでないか」と心配な方もいるでしょう。

しかし、手数料が発生するのは、現金を引き出した場合のみです。キャッシング枠が付帯しているだけで利息が発生することはありません。

カードを使って借入しない限り使えるショッピン枠に影響することもないため、わざわざキャッシング枠を外す必要性はないでしょう。

キャッシング金利相場

キャッシングを利用する場合、利用額に応じて利息を支払わなければいけません。利息は「借入金額」「借入日数」「金利」を以下の計算式に当てはめることで求められます。

キャッシングの計算式
借入金額×金利×借入日数/365=利息
例:借入金額30万円・金利15%・借入日数100日
300,000×0,15×100/365=12,328円

キャッシングの金利相場は年15〜18%です。カード会社によって金利は異なります。金利が高いほど、手数料も高額になるため注意が必要です。キャッシングを利用する場合は、金利が何%なのかしっかり把握しておきましょう。

キャッシングを利用できない
「原因」と「対処法」

キャッシングが利用できない場合、その原因として考えられる事象は大きく5つあります。ここでは、各原因と対処法を紹介します。キャッシングができなくて困っている方は、ぜひ確認してみてください。

原因1:キャッシング枠が付帯していない

キャッシング枠は、自分で申請する必要があります。そもそも枠が付帯していないカードでは、キャッシングサービスを利用できません。

対処法

カード会社に申請を行い、審査に通過すればキャッシングを利用できるようになります。その際、キャッシングの審査は数日〜数週間程度かかると考えておきましょう。無事、審査に通過すればお金が引き出せます。

原因2:ATMがキャッシングに対応していない

キャッシングでは、ATMを使って現金を引き出すことが一般的です。しかし、カードによって対応可能なATMは異なります。そのため、未対応のATMからはお金を引き出せません。

対処法

キャッシング枠があるにもかかわらずATMからお金を引き出せなかった場合、対応ATMなのか確認してみてください。対応ATMはカード会社の公式HPから確認できます。もしHPを見ても不明な場合は、電話で問い合わせましょう。

原因3:ATMが「メンテナンス中」「利用時間外」

キャッシングできない場合、ATM機器に問題があるケースも少なくありません。とくに多いのが、ATMがメンテナンス中だったり、利用時間外だったりするケースです。カード対応ATMが使えない場合は、ATM側の問題を疑いましょう。

対処法

ATMがメンテナンス中や利用時間外の場合、ATM発行の利用明細書を確認しましょう。「取扱時間外です」など、取引できない原因が印字されているケースがあります。

また、メンテナンスや利用時間に関する情報はカード会社の公式ページからも確認できます。原因が分かったら「利用可能な時間まで待つ」「現時点で使える別のATMを利用する」いずれかを検討しましょう。

原因4:利用限度額に達している

キャッシング枠には、予め利用限度額が設定されています。限度額を超えての借入はできません。例えば、キャッシング枠30万円のカードの場合、借入できるのは30万円までです。

対処法

まずは、利用限度額に達しているかカード会社に確認しましょう。もし利用限度額を超えている場合は「繰上返済」「キャッシング枠の増額」が有効な手段です。

繰上げ返済とは、キャッシングしたお金を毎月の引き落とし日より前にカード会社へ支払うことです。繰上げ返済することで、返済したぶんの枠が空きます。例えば、5万円繰上げ返済すれば、新たに5万円を借入できます。

また、キャッシング枠は、後から増額申請が可能です。現在30万円のキャッシング枠を全て使い切っている場合、50万円にキャッシング枠を引き上げることで、新たに20万円の借入が可能です。

ただし、キャッシングできない原因が利用限度額にある方は、すでに返済能力を超えている危険性があります。言い方は違えど、キャッシング=借金です。利用限度額を超えたキャッシングには十分注意しましょう。

原因5:返済に問題がある(滞納・遅延など)

クレジットカードの返済が遅れていたり、滞納していたりする場合、キャッシング枠が利用停止になります。返済遅れが続くと、カード自体が使えなくなる可能性もあります。

対処法

滞納・遅延の可能性がある場合は、すぐさまカード会社に確認しましょう。もし滞納・遅延が発覚した場合は、速やかに返済することが大切です。決まった金額を振り込めば、再度カードが使えるようになります。

キャッシングの借入・返済方法

ここからは、キャッシングの「借入方法」と「返済方法」をそれぞれ紹介します。事前に使い方を確認しておくと非常にスムーズです。これからキャッシングを利用する方は、ぜひチェックしてみてください。

キャッシングの借入方法

  1. 提携ATMを利用する
  2. 口座に直接振り込みしてもらう

①提携ATMを利用する方法

クレジットカードを使ってATMからお金を引き出せます。クレジットカードのキャッシングは、カード会社によって利用可能なATMが決まっています。大手カード会社の場合は、自社ATMに加えコンビニATMも利用可能です。

コンビニATMが使えれば、利便性は一気に向上します。「セブン銀行ATM」「ローソン銀行ATM」「E-net銀行ATM」などコンビニATMに対応しているのか、事前に確認するのがおすすめです。

②口座に直接振込してもらう方法

クレジットカードの引落し口座に直接振込してもらう方法もあります。直接振り込みは、インターネットor電話で申し込みます。

インターネット経由の申し込みであれば、最短数分で振り込み可能なケースも珍しくありません。手間なく利用できる方法ですので、忙しい方におすすめです。

キャッシングの返済方法

  1. 一括払い(口座振替)
  2. リボ払い(口座振替)
  3. 繰上げ返済

①一括払い(口座振替)

一括払いとは、キャッシング利用額を1回で返済する方法です。指定の金融機関口座から、借入した金額分がまとめて引き落とされます。

一括払いは、キャッシングの返済方法の中で最も利息が抑えらます。手数料は安いに越したことはないため、資金が用意できるので一括払いしましょう。

例:一括払い(末締め15日払いのカードの場合)
借入:9月1日に10万円利用
返済:10月15日に10万円(+利息)返済

②リボ払い(口座振替)

クレジットカードのキャッシングは、分割返済することもできます。分割した金額を毎月少しずつ返済する方法は、リボ払いと呼ばれています。

リボ払いは、複数回に分けて返済できるため、手元からお金が一気になくなりません。しかし、支払う利息は多くなってしまうため、注意が必要です。

例:リボ払い(末締め15日払いのカードの場合)
借入:9月1日に10万円利用
返済:10月15日に1万円(+利息)・11月15日に1万円(+利息)、、、以降、完済まで継続

③繰上返済

繰上返済とは、決められた返済スケジュールよりも早く返済することです。繰上返済のメリットは、発生するはずの利息を抑えられることです。

繰上返済を有効活用すれば、返済総額は少なくなります。資金に余裕がある場合は、ぜひ活用したい返済方法です。

例:繰上げ返済(末締め15日払い・リボ払いを選択していた場合
借入:9月1日に10万円利用
返済:10月15日に1万円(+利息)・11月3日に9万円(+利息)返済

キャッシングにおすすめ
クレジットカード4選

ここからは、キャッシング利用でおすすめのクレジットカードを4つ紹介します。キャッシングはもちろん、ショッピング利用にもメリットが多いカードを厳選しています。ぜひチェックしてみてください。

1三井住友カード

三井住友カード3つの特徴

  • キャッシングの審査は最短30分で完了
  • カード「紛失・盗難」サポート有!海外でも安心
  • 海外でのキャッシングに対応(海外キャッシュサービス)

三井住友カードは、日本を代表するクレジットカード会社です。さまざまなカードが発行されていますが、三井住友カード(一般)は、最もスタンダードなモデルとなっています。

三井住友カードは、キャッシング審査スピードの早さが特徴です。審査は最短30分で完了します。そのため、急に現金が必要になった場合もスピーディーに利用できます。

また、海外キャッシュサービスも付帯しており、海外でも現金を引き出し可能です。海外旅行保険や紛失・盗難保険も付帯しており、国内外で安心して使えます。

年会費 1,375円 ブランド VISA
貯まるポイント Vポイント 還元率 0.50%〜
キャッシング手数料  年15.0〜18.0% キャッシング審査 最短30分以内

※WEB申し込みで初年度無料・学生は在学中無料

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト3つの特徴

  • 3つの機能が1枚に(キャッシュカード・クレジットカード・WAON)
  • 「公共料金の支払い」「給与受け取り」でお得
  • 無料でゴールドカードにランクアップ

イオンカードセレクトは「キャッシュカード」「クレジットカード」「電子マネーWAON」が一体化されたカードです。WAONオートチャージに対応しており、わざわざ現金をチャージする必要はありません。

イオンカードセレクトで公共料金を支払いを行うと、1件につきWAONポイントが5ポイント付与されます。また、イオン銀行で給与受け取りされている方は、毎月10ポイント受け取れます。

さらに、所定の条件(年間100万円利用)を満たせば、無料でゴールドカードにランクアップ可能。年会費無料でゴールドカードを発行したい方は、イオンカードセレクトがおすすめです。

年会費 無料 ブランド VISA
JCB
MasterCard
貯まるポイント ときめきポイント 還元率 0.50%〜
キャッシング手数料  年7.8〜18.0% キャッシング審査  ー

楽天カード

楽天カード3つの特徴

  • 日本で一番選ばれているクレジットカード
  • キャッシングは24時間申し込み可能!即時振込&振込手数料無料
  • 楽天サービス利用でさらにお得

楽天カードは、日本で一番選ばれているクレジットカードです。年会費無料で楽天ポイントがザクザク貯まることから、多くの人に支持されています。

楽天カードのキャッシングは24時間申し込み可能です。即時振込にも対応しているため、ATMに行く時間がない方でも利用できます。ネットから簡単に手続きできる点は大きなメリットだと言えます。

年会費 無料 ブランド VISA
JCB
MasterCard
AmericanExpress
貯まるポイント 楽天ポイント 還元率 1.00%〜
キャッシング手数料  年18.0% キャッシング審査  最短翌営業日

4VIASOカード

VIASOカード3つの特徴

  • 貯まったポイントは自動キャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険サービス付帯
  • 最短翌営業日カード発行

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。最短翌営業日発行と審査スピードが早く、キャッシングの審査も同じく最短翌営業日とスピーディーに行われます。

VIASOカードの特徴はなんと言っても、ポイント自動キャッシュバックです。ショッピング1,000円利用で5ポイント貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバックされます。

また、VIASOカードには、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯。面倒な手続きは一切なく、旅行代金をVIASOカードで支払えば自動的に保険適用となります。

ポイントの有効期限をよく切らしてしまうという方は、とくにピッタリの1枚です。

年会費 無料 ブランド MasterCard
貯まるポイント 自動還元 還元率 0.50%〜
キャッシング手数料 年14.94〜17.94% キャッシング審査  最短翌営業日

まとめ

今回はクレジットカードのキャッシングについて紹介しました。キャッシングを利用する際に重要なポイントは以下3つです。

クレジットカードのキャッシング3つのポイント

  • キャッシング枠が付帯しているか確認する。付帯していない場合は申請&審査を受ける
  • キャッシングの「利用方法」と「返済方法」について事前に把握しておく
  • キャッシングを利用する際は、カード会社によって決められる「金利」に着目する

クレジットカードのキャッシングは上手く使えば、非常に便利なサービスです。正しく理解し日々の生活にぜひ役立ててください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事