陸マイラー必携・おすすめANAカード6選!マイル還元率最強は?

ANAカードを探している方の多くは「少しでもマイル還元率が高いカードを発行したい」と考えているのではないでしょうか。

そこで今回は、陸マイラーにおすすめのマイル還元率が高いANAカードを紹介しています。さらに、初心者向けに年会費無料でANAマイルを貯めやすいカードもまとめています。

ANAマイルを効率よく貯めるテクニックも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

2020年おすすめ
ANAカードマイル還元率比較ランキング

1ANA VISA プラチナプレミアムカード

ANA VISA プラチナプレミアムカード5つの特徴

  • マイル還元率は最大1.85%
  • プライオリティパス 付帯
  • コンシェルジュサービスが使える
  • 一流レストランのコース料金が1名分無料
  • 搭乗ボーナスマイル50%加算

ANA VISAプラチナプレミアムカード は、最大1.85%のマイル還元率を誇る1枚です。通常のショッピングマイル還元率は1.50%です。

クレジット決済1,000円ごとにト1ポイントが貯まり、1ポイントを15マイルと交換できます。仮に年間200万円カードを利用すれば、30,000マイル獲得可能です。

ANA VISAプラチナプレミアムカードの、マイル還元率アップに必要なのが「マイ・ペイすリボ」の利用です。イ・ペイすリボを利用すると、プレミアム・ボーナスポイント1ポイントが付与されます。

プレミアム・ボーナスポイント1ポイントは3マイルに交換可能。0.30%が加算され、この時点でマイル還元率は1.80%となります。

さらにマイル還元率をアップさせたい方はGポイント→JRキューポ→永久不滅ポイント→ANA」のルートで、ボーナスポイントをANAマイルに交換しましょう。手間はかかるものの、マイル還元率は1.85%となります。

年会費 88,000円 ブランド VISA
入会マイル 10,000マイル 継続マイル 10,000マイル
搭乗マイル +50% マイル還元率 1.50〜1.85%
国内旅行傷害保険 最高1億円 海外旅行傷害保険 最高1億円

ANA VISA プラチナプレミアムカードのキャンペーン情報

2ANA VISAワイドゴールドカード

ANAVISA/Masterワイドゴールドカード5つの特徴

  • 年会費割引で10,450円
  • マイル還元率は最大1.35%
  • 最高5,000万円の国内・海外旅行保険
  • 電子マネー「iD」搭載
  • カード継続ごとに2000マイルプレゼント

ANA VISAワイドゴールドカードは、マイル還元率最大1.35%のANAカードです。マイル還元率1.35%を実現するのに必要なのは、まず「マイペイスリボの登録+手数料のあるリボ払いの支払い」です。

さらに、JQみずほルートでボーナスポイントを交換することで1.35%のマイル還元率となります。JQみずほルートでの交換が面倒という方は、リボ払いだけでも1.30%の高還元が得られます。

また、WEB明細とマイ・ペイすリボを申し込み+年1回以上リボ払い手数料の支払いで、年会費がマイナス4,950円。10,450円の年会費でカードを利用できます。

年会費 15,400円 ブランド VISA
入会マイル 2000マイル 継続マイル 2000マイル
搭乗マイル +25% マイル還元率 1.00〜1.35%
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 海外旅行傷害保険 最高5,000万円

ANAVISA/Masterワイドゴールドカードのキャンペーン情報

  • 新規入会で最大13,000マイル(〜2020年11月30日)

3ANA TOKYU POINT CLUBQカード

ANA TOKYU POINT CLUBQカード5つの特徴

  • 割引適用で年会費750円
  • マイル還元率最大1.30%
  • PASMO・定期券として使える
  • 最高1,000万円の国内・海外旅行保険付帯
  • カード 継続ごとに1000マイル貯まる

ANA TOKYU POINT CLUBQカードは、年会費初年度無料のクレジットカードです。2年目以降年会費2,200円がかかりますが、WEB明細+リボ払い設定で750円に割引となります。

ANA TOKYU POINT CLUBQカードの最大マイル還元率は1.30%です。ANA TOKYU POINT CLUBQカードをお得に使うのためには「応募10マイルコース」を選択しましょう。

「応募10マイルコース」を選択すれば1000円で1ポイント貯まり、1ポイント=10マイルで交換できます。この時点でマイル還元率は1.00%です。

さらに、ANA TOKYU POINT CLUBQカードはカードの利用に応じてプレミアムボーナスポイントが獲得できます。プレミアムボーナスポイントは1ポイント=3マイルなので、還元率0.30%の加算です。

通常のポイントとプレミアムボーナスポイントを合わせるとマイル還元率は1.30%です。マイル移行手数料として、6600円はかかりますが、コスパ抜群のおすすめカードと言えます。

年会費 2,200円
(初年度無料)
ブランド Mastercard
入会マイル 1,000マイル 継続マイル 1,000マイル
搭乗マイル +10% マイル還元率 0.50〜1.30%
国内旅行傷害保険 最高1000万円 海外旅行傷害保険 最高1000万円

ANA TOKYU POINT CLUBQカードのキャンペーン情報

年会費無料
ANAカードおすすめ3選

1みずほマイレージクレブカード/ANA

みずほマイレージクレブカード/ANA5つの特徴

  • ANAとみずほのマイレージクラブカードが1枚に
  • 優遇レートでポイントからマイルに交換できる
  • 年会費永年無料
  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • 国内・海外のパッケージツアーが最大8%割引

みずほマイレージクラブカード/ANAは、ANAマイレージクラブカードとみずほマイレージクラブカードの機能が一枚になったカードです。

カード利用で貯まるのは永久不滅ポイント。ポイントの有効期限が一切ないことが特徴です。みずほマイレージクラブカード/ANAは、永久不滅ポイントをANAマイルヘ優遇レートで交換できます。

通常のみずほマイレージクラブカード会員の場合は、200ポイント=600マイルです。しかし、みずほマイレージクラブカード/ANAは100ポイント=350マイルで移行できます。移行手数料もかかりません。

また、みずほマイレージクラブでは、取引状況に応じて「みずほ銀行のATM時間外手数料が無料」「コンビニATM利用手数料無料」などうれしい特典が適用されます。メインバンクがみずほの方におすすめです。

年会費 無料 ブランド Mastercard
入会マイル 継続マイル
搭乗マイル マイル還元率 0.35%
国内旅行傷害保険 海外旅行傷害保険

みずほマイレージクレブカード/ANAのキャンペーン情報

ANA JCBカード ZERO

ANA JCBカード ZERO

ANA JCBカード ZERO5つの特徴

  • 搭乗マイル+10%
  • 入会金・年会費無料
  • 18〜29歳の方だけ発行できる
  • マイルの移行手数料無料
  • マイル還元率は有料カードと同じ0.50%

ANA JCBカード ZEROは、入会金・年会費無料のANAカードです。ANA JCBカード ZEROは18歳以上29歳以下の方(学生を除く)を対象に5年間だけ発行できます。

クレジットカード会社のポイントからANAマイルへの移行手数料は0円。マイルがお得に貯まります。マイル還元率0.50%は、年会費有料のANA一般カードと同じです。

さらに、ANA JCBカード ZEROは搭乗マイルも貯まります。ANA便の搭乗ごとに、区間基本マイレージ×10%のボーナスマイルが積算。年会費有料のANAカードと同じ特典を無料で受けられます。

年会費 無料 ブランド JCB
入会マイル 継続マイル
搭乗マイル +10% マイル還元率 0.50%
国内旅行傷害保険 海外旅行傷害保険

ANA JCBカード ZEROのキャンペーン情報

3楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード5つの特徴

  • ANAマイレージクラブ機能付き
  • 年会費実質無料・マイル還元率0.50%
  • 楽天トラベルの国内宿泊が毎月1,000円OFF
  • アプリで支出を管理できる
  • 最短1週間からカードが届く

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードにANAマイレージクラブカードが付いた1枚です。年会費は初年度無料。年1回以上のカード利用で翌年以降も無料となるため、年会費実質無料で利用できます。

楽天ANAマイレージクラブカードは「ANAマイルコース」「楽天ポイントコース」2つのコースが選べます。ANAコースを選択すると、カード決済200円ごとに1マイル獲得可能。マイル還元率は0.50%です。

楽天ANAマイレージクラブカード最大のメリットは、利便性が高いことです。楽天カード・楽天Edy・楽天ポイントカード・ANAマイレージクラブカードが一体となっているため、複数のカードを持つ必要はありません。

カード 券面はシルバーとピンクから選択可能。最短1週間で自宅にカードが届くため、いますぐカードが欲しいという方にもおすすめです。

年会費 550円
(初年度無料)
ブランド VISA
JCB
Mastercard
入会マイル 継続マイル
搭乗マイル マイル還元率 0.50%
国内旅行傷害保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円

※年1回以上利用で翌年無料

楽天ANAマイレージクラブカードのキャンペーン情報

  • 新規入会&利用で9,000円相当の特典プレゼント(終了未定)

ANAマイルをもっと貯める
3つのテクニック

ここからは、ANAマイルをお得に貯めたいという方向けに、上手なANAマイルの貯め方を紹介します。どの方法もすぐに実践できる内容です。有効活用してザクザクマイルを貯めましょう。

ANAカードマイルプラスで貯める

ANAカードマイルプラスの加盟店でANAカードを使うと、クレジットカード会社のポイントとは別に100円または200円=1マイルがもらえます。

加盟店にはセブンイレブン や各ガソリンスタンドなど、日常でよく使う店が多いのが特徴です。一部店舗では、ANAカードを決済カードに指定し、iDやQUICPayでの決済もANAカードマイルプラス積算対象となります。

【ANAカードマイルプラス加盟店(一例)】
セブンイレブン(200円=1マイル)
マツモトキヨシ(100円=1マイル)
スターバックス対象店舗(200円=1マイル)
大丸・松坂屋(200円=1マイル)
高島屋(200円=1マイル)
阪急百貨店(200円=1マイル)

ANAマイレージモールで貯める

ネット通販を利用するとき、ぜひ利用したいのが「ANAマイレージモール」です。ANAマイレージモールとは、クレジットカード会社のポイントとは別にマイルが積算されるサイトです。

まずは、ANAマイレージクラブお客様番号とパスワードを入力してログイン。その後、各ショップへ移動して買い物すると、マイルが積算されます。

ANAマイレージモールではキャンペーンも開催されており、キャンペーン時には5%以上のマイルがもらえることもあります。ANAマイルを貯めるなら、見逃せません。

【ANAマイレージモール加盟店(一例)】
楽天市場(200円=1マイル)
Yahooショッピング(300円=1マイル)
LOHACO(100円=1マイル)
ベルメゾンネット(300円=1マイル)
イトーヨーカドーネットスーパー(200円=1マイル)
ヤマダモール(200円=1マイル)
ビックカメラ.com(300円=1マイル)
Dell(200円=1マイル)
Joshin web ショップ(300円=1マイル)

ANAのふるさと納税から寄付する

ANAのふるさと納税サイトから寄付すると、寄付金額100円につき1マイル貯まります。また、寄付にANAカードを使うとさらにマイルの積算が可能。還元率は合計1.5%〜2.0%になります。

返礼品は、全国各地の名産品をはじめ、ホテルの宿泊券やゴルフ場のチケット、スーツケース などさまざまです。寄付することは税金対策にも地域の応援にもなります。まさに一石二鳥ですので、積極的に活用しましょう。

【まとめ】
ANAカードでマイルを効率的に貯めよう

ここまで、おすすめのANAカードを紹介してきました。本格的にマイルを貯めるのであれば、どのカードを選ぶかが重要です。今回紹介したANAカードはどれも高いマイル還元率を誇っています。

使い方次第で大量のマイルを獲得可能です。ぜひこの記事の内容を参考に、マイルを効率よく貯めてお得なフライトを実現しましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事